F‐1 このコーナーでは、主に各GPの記録をUPしています。
個人的意見などコメントに偏りがあると思いますが、あまり気にしないで下さい。
カウンター

NACK LAND
トップページへ

契約期間リスト
主要人物の契約期間をグラフにしてみました。
まだまだちょっとしかありませんが、
順次増やしていくつもりです。

2004年スケジュールカレンダー

2004年レギュレーション、変更とおさえておきたい点

上海サーキットのコースレイアウトはこちら
上海サーキットのサイトを発見しましたので、そこで見ることができます。
英語のページもあるので中国語がダメなNakayanmerみたいな方も
なんとかなると思います。
バーレーンサーキットのコースレイアウトはこちら
バーレーンサーキットのサイトから、 →『CIRCUIT』→『Circuit Specification』と進んでいくと、
サーキットレイアウトがみれます。
なんだか2つともなんかどこかに似てるような、、、?

2003年レギュレーション変更点
ちょっとまとめてみました。

2003年スケジュールカレンダー

2002年スケジュールカレンダー

2001年スケジュールカレンダー

2000年の記録とニュースはこちら

ドライバー・関連者サイトリンク

F‐1コラム「ちょっと思ったこと」

佐藤琢磨のサイト「takumasato.com

- NEWS? -

マレーシアGP予選で、琢磨とアロンソがスピン!!
というわけで、二人は最後尾スタートです。

BARの佐藤琢磨は9位フィニッシュ。
ポイントまであとひとつでしたが、今年のホンダはいけそうです。

2004年シーズン開幕!!
第1戦オーストラリアGPはフェラーリの1、2でスタート!

BARの佐藤琢磨は9位フィニッシュ。
ポイントまであとひとつでしたが、今年のホンダはいけそうです。

第16戦日本GP(鈴鹿)はバリチェロが優勝!
ライコネンは2位につけましたが、チャンピオンはM.シューマッハに決定しました!

2004年のBARのドライバーに決定した佐藤琢磨が
急遽鈴鹿で出走する事になり、6位フィニッシュ!!
R.シューマッハは、予選・決勝ともにシケインでスピン・オーバーランする不調。
なんかもう、完璧に歯車噛み合ってない感じでした。

第15戦アメリカGPはM.シューマッハが優勝!
しかしながら、ライコネンが2位につけ、チャンピオン争いは最終戦:鈴鹿へ!

今回は、途中に雨が降ってスピンする光景がたくさん見られ波瀾に満ちたレースになりました。
3位フィニッシュしたのはなんとフレンツェン!!
モントーヤは今回、運に見放された感じで、タイヤ交換のタイミングミス、そして強引なオーバーテイクによるペナルティ等でみるみる後退していってしまいました。
BARの2台は共にエンジンブローしてました。

第14戦イタリアGPに、ラルフ・シューマッハの代走でマルク・ジェネが出走しました。
久々のグランプリ出走にもかかわらず、予選5位(モントーヤは2位)・決勝5位(モントーヤは2位)となかなか。

ポールポジション&決勝優勝はミハエル・シューマッハなんですが、
そんなことより、ビルヌーヴが6位入賞。来期のシートが危ういんで頑張った模様。

第13戦ハンガリーGPはアロンソが初優勝!!
最年少優勝記録更新です!

スタート後、モントーヤと接触しかけたラルフはスピンしてしまい、
かなり後ろに後退してしまいましたが、そこからすさまじいペースで走りつづけ、
最終的にはモントーヤのすぐ後ろまで来て4位フィニッシュ。
途中、ピットインする時の映像で、ピットロードでカウンター当ててるのが印象的なラルフでした。

第13戦ハンガリーGP、アロンソがP.P!!
そしてウェーバーは予選なんと3番手!!

第10戦フランスGP、ラルフP.P!!
ミハエルを抑えて、ウィリアムズが1,2のポジションに。

第10戦フランスGPで、予選1日目で凄い事が!!
何が起きたか?それはコチラ
結果を知りたくない人はクリックしないで。

第9戦ヨーロッパGPは、ラルフ優勝!!
…にしても、ミハエルとモントーヤの接触後、
グラベルにはまった車体をオフィシャルに押してもらったミハエルは、
明らかに「失格」だと思うんですが…
皆さんはどう思います?

ミナルディがアロウズの2002年マシン(A23)を買った模様。

レギュレーション
開幕3戦を終えた段階でレギュレーションの見直し案が出されるとFIAは言っていましたが、
見直しは無しでそのままだそうです。
いろいろな所で問題になってますが、やっぱりレインタイヤ=1種類は厳しいんじゃないかなぁ。

2003年シーズン、遂に開幕
ようやく開幕しましたね。
今年はレギュレーションがかなり変更されたので、開幕戦でもドライバーが混乱している様子が見受けられましたね。
そのうち、レギュレーションの変更点をまとめてみたいと思います。

北京でもサーキット建設開始
上海GP実現が決定した中国で、アジアGPを狙っての建設だそうで、建設費は145億円だそうな。
全長5.9kmで、コースレイアウトはFIAの承認を受けたものだそうです。
どんなレイアウトなんだろう。気になる。

F‐1関連LINK
British American Racing BARのサイト
テストドライバーの福田良のコメントも読めます。
TOYOTA F1 TOYOTAのF‐1ページ
FIAの公式サイト 英語・フランス語です。
興味と頑張りとちょっとした知識があれば、なんとか分かります!
鈴鹿サーキット その名の通りですな。
F1に限らず鈴鹿で行われるモータースポーツ情報たくさん